2006年03月04日

ピップ・パップ・ギー

『綿の国星』はわたしのとってもお気に入りの漫画。

最近、久しぶりに読み返してます。

大島弓子さんの作品で、彼女の作品はどれも大島ワールドがあって

大好きなのですが、『綿の国星』は大島作品の中でも、

1番!と言って良いくらい好きな作品です。


わたしが大島作品に出会ったのは、YUKIちゃんの

2ndアルバム『commune』の中の「ストロベリー」という曲の解説で、

“大島弓子さんの『いちご物語』が大好き。”

というYUKIちゃんのコメントからでした。

YUKIちゃんが好きな漫画、ということで興味を持ち始めたのですが

見事にはまってしまいました☆


『綿の国星』はチビ猫という子猫が主人公で、彼女は

成長したら人間になる、と信じていた為人間の格好をしています。

優しくて好奇心旺盛な女の子。

ピップ・パップ・ギー

というのは書き物の仕事をしている、飼い主時夫のお父さんが、

仕事で行き詰っている時にチビ猫が唱えた呪文。

全身の力をふりしぼって唱えなければきかない呪文。

『綿の国星』を読むのは楽しくて、後からホクホクした気持ちになります。

本当にとても素晴らしい作品です♪♪

1話完結の読み切り作品だけど、続きがもっと読みたいなあ・・・・





posted by Sleep at 04:16| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、にこです。大島弓子さん検索でこちらにお邪魔しました。私もとっても好きで何度も読みかえしてはまったりしてます。綿の国星はちびが初めて電車に乗って驚いているところでいつも笑ってしまいます。
Posted by にこたん at 2006年03月19日 22:09
にこさん、はじめまして。
ブログ訪問&コメントどうもありがとうございます♪♪

大島作品はどれも素晴らしいですよね!
にこさんはどの作品が特にお好きですか?
と、いってもあまり題名は覚えていないのですが・・・・。
にこさんのブログも訪問させてもらいました。スタートしたばかりなのですね!
徒然日記ですがよかったらまたきて下さいね〜☆


Posted by Sleep at 2006年03月20日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。